※速報!カードローンを比較した結果まとめました

みずほ銀行カードローン|通帳を用意できる方のメリット

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行がサービスの提供を行っているカードローンですが、その特長は限度額が高く、低金利であるということで少しでも低金利でまとまった金額の借入をしたいと考えている人にとっては、うってつけのカードローン商品となっています。みずほ銀行カードローンの商品自体は他の銀行のものと特別違っているという点はありませんが、カードローンに申込む際に手続きがみずほダイレクトの利用者、手元に通帳が用意できる人とそれ以外の人では手続きの仕方に違いがあります。みずほダイレクトの利用者及び手元に通帳を用意できる人の場合、カードローンの申し込み時には借入希望額が利用限度額が200万円の場合、身分証明書や収入を証明する書類を提出する必要がないので申し込みの手続きが簡単なものになります。そのため、カードローンの申し込みに関する手続きに時間がとられてしまうことがなく、実際にカードローンを利用できるまでの時間を短縮することができます。これからカードローンを利用してみようと検討中の方ですでにみずほ銀行に口座が開設済みの人であれば、みずほ銀行カードローンの利用を申し込んでみてはいかがでしょうか。みずほ銀行カードローンをいつでも利用できる状態にしておけば、急な出費のときでも慌てることなく落ち着いて対処することができるようになります。また、まだみずほ銀行に口座を開設していない人の場合、カードローンを申込む前に普通預金口座を開設する必要があります。そのため、すぐにカードローンで借入をしたいという人には不向きかもしれませんが、口座の開設やカードローンの申し込みの手続きはWEB上で完結させることができます。そのため、現在はすぐにお金を借り入れる予定のないという人でも時間の空いたときなどに取り敢えずみずほ銀行の普通預金口座の開設やカードローンの申し込みを済ませておけば、急にお金が必要になったときでも慌てることなくすぐにお金を借入れることができます。みずほ銀行の口座の開設には時間を要してしまうので、近いうちにカードローンでお金を借入れる予定のある人はなるべく早いうちに普通預金口座の開設を済ませておくようにしましょう。また、みずほ銀行カードローンではカードローンの利用者に関する条件はそれほど厳しいものではなく、原則として20歳以上の人で安定した収入があればいいので、アルバイトや派遣社員、契約社員などの正社員以外の人であっても継続した収入があれば審査に落とされてしまうような心配はありません。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?