※速報!カードローンを比較した結果まとめました

みずほ銀行カードローンの総量規制はいくら?|限度額について

カードローンを利用する時に気を付けるべき事の一つが、総量規制です。これは貸金業法によって決められているルールの事で、消費者金融などからお金を借りる場合は、その人の年収の3分の1までしか融資を受ける事ができないという物です。もちろん1社からの借り入れが3分の1と言う事ではなく、複数の金融機関からの借入額の合算が年収の3分の1までと言う事になっているので注意しましょう。だから、年収が300万円の人は100万円まで借りる事ができるというルールになっています。さらに、収入が無い人は借入は不可となっているので、無職の人や専業主婦の人は基本的には自分の名義でお金を消費者金融から借りる事は出来ません。ただ、例外もあるのをご存知ですか。総量規制の対象となるのは消費者金融など貸金業法によって管理されている金融機関のみです。だから、それ以外の金融機関、例えば銀行などに関してはその対象外となるので、年収の3分の1までしか借りられないというルールを気にする必要はありません。もちろん配偶者に収入があれば専業主婦であっても借り入れが可能な金融機関もあります。総量規制の対象外のカードローンとして有名な物の一つがみずほ銀行カードローンです。みずほ銀行が扱っている商品となるので、銀行法の管理下にあり、貸金業法の管理下には無いため、総量規制について気にする必要は全くありません。ただどれだけでもお金を借りる事ができるという訳ではなく、勿論その人の年収に合わせての借入となります。基本的には初めての利用の人は借入限度額が少な目に設定されるので、利用実績を上げてから増額してもらう様にしましょう。ただ注意したいのは、銀行を利用する場合は総量規制の対象外となるので無職でも融資を受ける事ができるという事になりますが、みずほ銀行カードローンの場合はそうではありません。主婦や学生、さらに年金受給者などでも年齢条件を満たしていれば申し込む資格はありますが、あくまでも融資対象となるのは安定した収入がある人のみです。だから他の金融機関では審査で引っかかってしまう事もあるパートやアルバイト、契約社員などの雇用形態であったとしてもみずほ銀行カードローンを利用する事は出来ますが、反対に夫にどれだけ収入があったとしても専業主婦の人は利用できません。もちろん、親にどれだけ財力があったとしても、アルバイトをしていない無職の学生の場合は融資対象とはならないので注意しましょう。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?