※速報!カードローンを比較した結果まとめました

みずほ銀行カードローンの審査が丸わかり!簡単5分ガイド


みずほ銀行カードローンの審査や利用までの流れを知るには、体験談を参考にするのもおすすめです。
「利用までの流れが知りたい」
「銀行カードローンの審査って厳しいの?」
「借入まで時間がかかるの?」
など気になる審査や借入について実際に利用したから分かったことも含めて大公開します!
>>みずほ銀行カードローンの体験談を読む

 

銀行カードローンは、審査に時間がかかるイメージがありますが、みずほ銀行カードローンなら最短即日での借り入れも可能です。
気になるみずほ銀行カードローンの審査の流れをまとめました。
※申込の時間により、利用開始が翌営業日以降となる場合があります。

 

みずほ銀行カードローン

 

みずほ銀行カードローン

実質年率 エグゼクティブプラン:年3.0~7.0%

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。
エグゼクティブプランの年3.0%、コンフォートプランの年3.5%は引き下げ適用後の金利です。

おすすめポイント
金利3.0%~7.0%の低金利カードローン!
最大限度額1,000万円でおまとめにも最適!
特徴
  • “銀行”カードローンは総量規制対象外
  • みずほ銀行のATM、その他のコンビニATM等で利用可能
  • 最大200万円までは収入証明書不要
  • 来店不要で即日振込みも可能
  • ※みずほ銀行の口座をお持ちで午前中までにお申し込みした場合

 

みずほ銀行カードローンの審査の流れ

みずほ銀行カードローンの利用までの流れは、みずほ銀行の口座を持っている場合とそうでない場合とで分かれます。

 

みずほ銀行の口座を持っている場合の審査の流れ

WEB完結・最短即日利用も可能
1. 申し込み

ホームページから個人情報の取り扱いに関してなどの事項を確認、同意して希望限度額、本人確認の方法を選択します。
次に、氏名、住所、勤め先などの情報を入力していき、入力漏れ、情報の誤りがないかを確認して申し込みボタンを押せば完了になります。

2. 審査 申し込み内容に基づいて、融資可能かどうかの審査をします。
3. 審査結果の回答

審査が完了すると、メールにて審査結果の回答がされます。
インターネットからの申し込みなら最短即日で審査結果が分かります。ただし、午後に申し込みをした場合、翌営業日となります。

4. 必要書類の登録

本人確認書類、収入証明書をカメラで撮影して、登録用URLに画像を登録します。※1
みずほダイレクトを利用の方、またはお手元に通帳を用意できる方は、限度額200万円以下なら必要書類の登録不要となります!

5. カードローン口座開設完了 カードローン口座開設の連絡があります。※2

※1 ご利用限度額が200万円超の場合必要となります。
※2 必要書類の登録用URLでの登録は、パソコンおよびスマートフォンでの取り扱いとなります。モバイルは対象外となりますので、あらかじめご了承ください。

 

みずほ銀行の口座を持っていない場合の審査の流れ

最短即日審査・回答可能
申し込み

ホームページから個人情報の取り扱いに関してなどの事項を確認、同意して希望限度額、本人確認の方法を選択します。
次に、氏名、住所、勤め先などの情報を入力していき、入力漏れ、情報の誤りがないかを確認して申し込みボタンを押せば完了になります。

審査 申し込み内容に基づいて、融資可能かどうかの審査をします。
仮審査結果の回答 審査完了後に、メールで仮審査の結果が回答されます。
本申込書類の送付・返送

仮審査に通過すると、本申込書類が郵送されてくるので、書類に必要事項を記入して返送します。
書類の記入漏れや情報の誤り、必要書類の提出漏れがないようしっかりと確認しましょう。

カードローン口座の開設(カードの送付) カードローン口座が開設され、銀行口座のキャッシュカードとの併用型ではなく、カードローン専用型で申し込みをした場合はローンカードが送付されます。

※カードローン口座開設には、みずほ銀行普通預金口座の開設が必要になります。

 

みずほ銀行カードローンの審査・申し込みまとめ

みずほ銀行カードローンは低金利、高い最高限度額が特徴の銀行カードローンです。
それだけでも利用者にとってのメリットは大きいですが、条件を満たせば即日での利用も可能となっています。

 

ただし、みずほ銀行の口座を持っていないなど、条件を満たしていない場合には審査から利用まで日数がかかってしまいます。
なので、みずほ銀行の口座をお持ちの方時間がかかっても低金利のカードローンが良い方にはとてもおすすめだと言えます。

みずほ銀行カードローン

 

みずほ銀行カードローン

実質年率 エグゼクティブプラン:年3.0~7.0%

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。
エグゼクティブプランの年3.0%、コンフォートプランの年3.5%は引き下げ適用後の金利です。

おすすめポイント
金利3.0%~7.0%の低金利カードローン!
最大限度額1,000万円でおまとめにも最適!
特徴
  • “銀行”カードローンは総量規制対象外
  • みずほ銀行のATM、その他のコンビニATM等で利用可能
  • 最大200万円までは収入証明書不要
  • 来店不要で即日振込みも可能
  • ※みずほ銀行の口座をお持ちで午前中までにお申し込みした場合

 

困っているときにお金を借りることが出来る強い味方が、カードローンです。みずほ銀行でも、みずほ銀行カードローンという金融商品が展開されています。このカードローンでは、最大1000万円まで借り入れをすることができ、金利は年率で4.0%~14.0%と良心的な金利設定になっています。インターネット上で申し込みを完結させることができ、最短即日で利用可能となります。しかも、来店や郵送での手続きは不要であるため、素早く借入が出来るようになります。即日融資をしてもらうには、みずほ銀行に口座を持っておくことが重要です。みずほダイレクトというインターネットバンキングまたは通帳が必要です。もし、みずほ銀行に口座を持っていなかった場合、本申込書類を郵送で送り手続きをしなければなりません。その前に必ず行われるのが審査です。審査では、いろいろな点が見られます。まず、第1に見られるのが現在の年齢です。借入金額が大きければ大きいほど返済に時間がかかります。そのため、定年間近で大きな額の借り入れを希望した場合、返済に困る可能性がありますので否認される確率が高いです。次に、勤続年数が見られます。みずほ銀行側は、安定した収入を条件にあげていますので長い間会社に勤めているかを判断します。目安としては1年以上が基本です。次に、年収です。銀行側も慈善事業でお金を貸しているわけではないので、年間にどれだけのお金が入ってくるのかは調査しなければなりません。そのため、みずほ銀行では200万円以上の借入を行うのであれば、収入証明書類の提出を求めています。最後は、他社からの借入です。みずほ銀行側で、年収をもとに限度額を計算したとしても、他社からの借入があればその分返済能力は低くなってしまうため、損をしてしまう可能性があります。そういったことを防ぐために、年収と他社からの借入総額を計算し、限度額を算出します。みずほ銀行カードローンで審査落ちしてしまう原因の多くは、過去の事故です。返済が滞ってしまったりしてしまうと、個人信用情報に傷がついてしまい借入がしにくくなります。他にも、年収の問題などで落とされてしまうことがありますが、基本的に借り入れが無く年収が高ければ、合格となり借入が行えます。審査通過後は、本申し込み手続きを行い、契約が完了します。あとは、きちんと返済を行い、返済に滞りがないよう十分に気を付けると良いでしょう。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?