※速報!カードローンを比較した結果まとめました

みずほ銀行カードローンの利用方法|便利な使い方まとめ

銀行系のカードローンとしては定番になりつつあるみずほ銀行カードローンですが、利用方法が知りたい人も多いのではないでしょうか。みずほ銀行の口座を持っているかそうでないかでも申し込みの方法なども違ってきますので、自分の銀行口座を確認して必要に応じて口座も作っておくと申し込みがスムーズになるので、カードローン利用までが早くなります。利用する前には、自分の年齢などが申し込み条件に合致しているかどうかを確認します。契約時の年齢が20歳以上で66歳未満、そして安定活継続収入が見込めるかどうかなどが主な条件となります。自分自身が働いていない場合でも、配偶者に収入があって継続的に支払いが可能であると認められれば30万円を限度に申し込みが出来ます。外国人の方の場合には永住許可を受けていないといけませんし、事業性の使途には使えません。自分が申し込めるかどうかを確認した後は、金利や返済方法を見ていきましょう。それらにも目を通して納得が出来たら申し込みをします。申し込みをできる窓口としては、パソコンやスマートフォン、携帯電話に郵送、電話や店頭窓口での申し込みが可能です。どの方法で申し込みをする場合であっても、本人確認の書類などは必要になりますから、きちんと確認して準備をしておきましょう。申し込みが済めば審査が行われ、借り入れが出来るとなれば契約となります。契約も済んでカードが届けばみずほ銀行カードローンが晴れて利用できるようになります。利用方法は全国にあるみずほ銀行ATMが使えるのはもちろんですが、提携金融機関やゆうちょ銀行、コンビニATMで繰り返して利用が可能です。利用限度額の範囲内で上手くやりくりをして返済も見越した上で使っていきましょう。もしもみずほ銀行ダイレクトを利用している場合には、カードローン以外にもパソコンやスマートフォン、携帯電話や固定電話からも借り入れが出来ます。ATMに出かけていくのが大変だというときにはこちらも併用していくとさらに利便性が増していきます。借り入れ時間は月~金までの0時00分から15時00分となりますので、利用時間帯だけには気をつけていくといいでしょう。返済も引き落としや随時返済が利用できますので、借りてすぐ返すというのもできます。最後まで返せるように自分でも確認してから利用をしていきましょう。みずほ銀行カードローンの存在でさらに生活が便利になっていきます。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?