※速報!カードローンを比較した結果まとめました

みずほ銀行カードローンの金利について【他と比べて低いの?】

みずほ銀行カードローンの金利は年率4.0%~14.0%です。14.0%を超えた金利になることはなく、この利率はメガバンクの中でも低いクラスです。一般的に銀行カードローンの利率は4.5%~15.0%くらいです。これよりも低い利率が設定されていれば、低金利と考えていいでしょう。みずほ銀行カードローンはご利用額に応じた年率が設定されます。例えば、100万円未満だと14.0%、300万円以上400万円未満だと7.0%というように利率が決まっています。変動金利を導入しているので金融情勢の影響を受けますが、年利が激減するケースは滅多にありません。返済方法は残高スライド方式により、毎月10日に口座から引き落とされます。窓口やATM返済が不要であり、さらに随時返済も自由に行うことができます。利息を減らすためには、低利率で借りることも大切ですが、それ以上に短期間で完済することも重要なのです。年率が低くとも、随時返済の手続きが面倒だと、結果として多くの利息を支払うことになります。低利率で借りられることは大きなメリットですが、そこに甘えてはいけません。随時返済を積極的に利用して借入残高を減らすことで、毎月の返済額も減らすことができます。みずほ銀行カードローンを上手に利用するコツは、無理なく返済できる範囲で借りることです。高額な融資を受けるほど年率は下がりますが、利息も増えることを忘れてはいけません。カードローンなどの少額ローンは、年率よりも借入額や返済期間のほうが利息に影響します。利息を減らすためには、低い年率で借りるために希望額を増やすのではなく、返済シミュレーションをして無理なく返済できる借入額を決めることです。みずほ銀行カードローンの融資額は10万円~1,000万円となっており、利用枠は10万円から用意されています。利息を抑えて利用したい方には、10万円の利用枠がおすすめです。10万円の借入の場合は14.0%と最高年率の適用となりますが、借入額が少なければ利息も小さなものです。10万円を1年間借り続けた場合の利息は1万4,000円なのです。1ヶ月あたりの利息は1,200円未満とかなり低いです。実際には月1回のペースで返済するので、これよりも利息は少なくなります。1,000万円の利用だと年率4.0%ですが、1年間借り続けると利息は40万円にもなります。利息を抑えるためには、金利よりも借入額を減らすほうが効果的なのです。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?