※速報!カードローンを比較した結果まとめました

みずほ銀行カードローンの仮審査|方法は?結果はいつ?

銀行やノンバンク系カードローンで申込みを行う場合は最初にネット上の専用フォームなどに必要な情報を入力して身分証明書や収入証明書類の提出を必要としない仮審査を受けた後に、各種証明書類を郵送かFAX、画像送信などを行って本審査を申込む必要があります。ほとんどの金融会社で採用している申込方法は、まず最初に収入などの情報を入力する時点では住所などを入力する必要がなくて限られた情報のみの入力で済む場合がほとんどです。それでも本審査を受ける前に審査結果をほぼ知ることができるので、ローンを利用できそうであれば収入を証明する書類を入手して本審査を受けるといったことも可能です。みずほ銀行カードローンの申込は仮審査が存在しないという特徴があります。最初に申込みを行う段階で必要な情報を全て記入(インターネットであればフォームに入力)して、ネット以外は書類のコピーも全部提出します。ネット申込の場合は必要事項を全て記入すればメールで結果が通知されて審査を通れば書類を郵送で提出しますが、サイト上の専用フォームに入力する情報は本審査の申込書類と全く同じなので実質的に本審査の一部なのです。みずほ銀行カードローンは仮審査が存在しないことで申込の手続きが1回で済み、手間を省くことができるというメリットがあります。仮審査と本審査の2段階の申込方法を採用している会社であれば審査そのものは通過できる条件を満たしていても、「仮」の段階で入力する情報と本審査で提出する申込書類や提出書類の内容が少しでも食い違っていたら虚偽の内容で申込を行ったとみなされて利用を断られる可能性があります。この点でみずほ銀行カードローンでは1回の申込手続きなので証明書類を見ながら申込書類を作成できますし、銀行窓口を利用すれば記入ミスがあってもすぐに修正することができるので情報の食い違いが原因で審査を通過できない、といった事態は起こりません。どうしても本審査を申込む前に審査を通過できるかどうかを知りたいと思う場合、大まかな目安を知る方法があります。それは、匿名で仮審査を行っている他の会社のカードローンを利用することです。カードローンの審査基準は細かい点は会社ごとに異なるものの、全体的に似たような基準が採用されています。他の複数のカードローンについて審査を通過できるようであれば、みずほ銀行カードローンについても本審査を通過できる可能性が高いとみなすことができるのです。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?