※速報!カードローンを比較した結果まとめました

みずほ銀行カードローンの保証会社|審査の注意点!

近年、多くの銀行が個人向けの小口融資(カードローン)事業に参入するようになりました。元々カードローンのサービスは消費者金融会社や信販会社などが行っていましたが、資金の融資先を求めた銀行もノンバンク系の金融会社と同様に個人向け融資にも力を入れています。これまで銀行融資は法人向けに大口の貸し付けが中心に行ってきたので個人向けの小口融資のノウハウがありません。このため同じグループ企業に属する消費者金融を保証会社にして、個人向けの無担保ローン(カードローン)の審査や勤務先の在籍確認などの業務を代行しています。ところがみずほ銀行のグループ企業に消費者金融会社が存在しないので、みずほ銀行と取引のあるオリエントコーポレーションが無担保ローンの保証会社としてみずほ銀行カードローンに関係する事業を行っています。オリエントコーポレーションの筆頭株主は伊藤忠商事でみずほ銀行は第2位の大株主です。さらにみずほ銀行がオリエントコーポレーションの主要取引銀行で、グループ企業ではありませんが両者には深いつながりがあります。みずほ銀行カードローンの審査や在籍確認の作業はみずほ銀行ではなく、実質的に保証会社であるオリエントコーポレーションが行っています。このため審査基準や限度額の設定もオリコカードの審査と似ています。オリエントコーポレーションは元々クレジットカード事業を中心とした信販会社で、独自のカードローン事業も展開しています。一般的にクレジットカードのほうがカードローンよりも審査が厳しい傾向があり、オリコカードローンも他の消費者金融系の金融会社と比較すると審査基準が厳しいとされています。オリコカードの審査では正規雇用であろうと非正規雇用であろうと収入の安定性が最も重視されます。このため収入が高くてもある程度の勤続年数がなければ審査を通過できません。さらに勤務先への在籍確認もきちんと行われます。みずほ銀行カードローンについてもほぼ同様の基準で審査が行われるので、審査基準を満たしていれば必ず職場への在籍確認が行われることになります。オリコカードの審査基準を考慮した場合、みずほ銀行カードローンの審査を通過するためのポイントはある程度(最低半年かそれ以上)の勤続年数があって、勤務先の在籍確認がきちんと取れるようにすることです。さらにオリコカードでは申し込み書類に記入する希望限度額が大きすぎると審査に通過できない場合があるので、希望する融資限度額を必要以上に大きな金額にしないことがポイントとなります。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?