※速報!カードローンを比較した結果まとめました

みずほ銀行カードローンのカード種類について※あなたはどっち?

消費者金融や信販会社でキャッシングできるカードローンを申し込むと、専用のカードが発行されます。ATMを利用して、その場で現金による融資を受けられる便利なものですが、これには欠点も存在します。現在ではキャッシングだけでなく、入出金などの口座管理用のものや、クレジット払いに使われるもの、会員証や診察券など、あらゆるものが存在します。これらの多くを利用していると、枚数が膨れ上がり、お財布やケースを圧迫したり、探すのに時間が取られるなどの、管理に手間がかかるようになります。枚数が多くなってしまう欠点を解消するには、キャッシュカードと一体型の金融機関系のキャッシングサービスを利用する手段があります。大手銀行のみずほ銀行カードローンにもこのサービスが用意されており、銀行の預金口座管理専用のものと、キャッシング機能を一つにまとめることで、本来なら2枚を所持するところを、2分の1枚におさめることができるようになります。当然ながら、他行のキャッシュカードと一体型にするわけには行きませんので、みずほ銀行カードローンを提供する銀行に自分自身の預金口座を開設する必要が出てきます。みずほ銀行カードローンは当行に預金口座を作ることが条件ですので、まだ持っていないなら、みずほ銀行カードローンの申し込みと同時に口座を作っておきます。申し込みの際に、一体型か専用のカードのどちらかを選択するようになります。管理を容易にしたい人なら、迷わず一体型を選ぶとよいでしょう。すでに預金口座を持っている人なら、今利用中のものが即時に一体型として使うことができます。銀行系のキャッシングサービスとあり、気になるのが審査内容ですが、一般的に厳しいといわれてはいるものの、配偶者に安定収入があれば、専業主婦でも申し込める柔軟さを持っています。専業主婦の場合だと利用限度額は30万円が上限になりますが、最大でも14.0%という低金利で借りられますので、今すぐお金が必要になった時に躊躇することなく借りやすいのが魅力です。最高1000万円という利用限度額の高さが目を引くサービス内容となっていますが、10万円から利用限度額が設定できます。インターネットからの申し込みだと、50万円単位の設定になることを覚えておきましょう。66歳まで受け付けてくれる上に、担保や保証人が不要です。200万円までの利用限度額ならば、収入証明書が必要ないため、みずほ銀行カードローンは誰もが申し込みやすいキャッシングサービスだと判断できます。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?