※速報!カードローンを比較した結果まとめました

みずほ銀行カードローンに年齢制限はある?【申込条件】

どんなカードローンにも、年齢制限があります。それゆえ、お金の基本的な管理ができない子供や、いつ亡くなってしまうかも分からないような超高齢者などは利用できません。ただしその制限の上限も下限も、カードローン業界全体の統一的な決まりはありません。それらは、各会社が法律の範囲内で適宜に決めているのです。ちなみに、みずほ銀行カードローンの年齢制限は、契約した時の年が満20歳から満66歳未満と決められています。ですから、未成年者や66歳になった人は申し込んでも受け付けてもらえません。それは要するに審査に通るか落ちるかという問題ではなくて、それ以前のもっと基本的な問題だということです。ところで、20歳の人や65歳の人なら確かに申し込みは可能です。しかし利用規約には、「安定した収入があること」という意味の表記もあります。これは極めて重要な条件です。なぜなら安定した収入がないと、みずほ銀行が指定している保証会社の保証を受けられないのは間違いないからです。ですから20代前半の人や60代前半の人は、みずほ銀行カードローンに申し込む際には、「年齢制限には引っ掛かっていないから大丈夫だ」と、自信過剰になったり油断したりしてはいけません。確かに歳には問題はありません。しかし借り入れ後の返済のことを考えると、安定した収入が十分にないと返済に苦しんでしまうことになります。そもそも経済力というものは、大人になりたての若い頃は比較的乏しいものです。経済力とは、働いて仕事のキャリアを重ねてゆくと共に、概ね歳と共に少しずつ身に付いてゆくものなのです。ですから20歳を過ぎたばかりの若者は、年相応のカードローンの利用を心掛けなければなりません。また、カードローンで借り入れがしたいと考えている66歳を過ぎた高齢者も、お金に困っている以上は経済力のピークは過ぎているはずです。ですから若者と同様、自分の身の丈に合った利用しかすべきではありません。特に高齢者の場合、若者と違って健康上のリスクは大きいのです。それゆえ、借り過ぎなどには要注意です。このようなことを考えると、みずほ銀行カードローンを利用する人は、その人の経済力が十分に高くなった時期が年齢的には最適だと言えます。ただし、経済力のピークは人によって違いますので、具体的な歳は一概には言えません。それは30代だったり40代だったり、時には50代だったりします。しかし一般常識的に考えると、少なくともピークは20代や60代ではないと考えられます。いずれにせよ、歳だけではなく安定した収入も非常に重要です。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?