※速報!カードローンを比較した結果まとめました

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

みずほ銀行カードローン記事一覧

みずほ銀行カードローンの特長はいろいろありますが、その一つに残高照会が容易なことが有ります。通常の他行のカードローンは一般的にカードローンの残高をATMで知ることはできません。その為借り入れを行った後明細に残高が表示される形で確認することになるため、自分で残高を記憶しておかないといけないのが一般的です。その為借り入れをしようとしたら残高が足りなかったということもありますが、みずほ銀行カードローンの...

現在ではカードローンの申込はインターネットを利用する人も増えてきています。店頭窓口や無人契約機などに行く必要もなく、自宅に居ながらにして全ての手続きを終える事ができるのは、利用者にとってはとてもメリットがあると言って良いでしょう。しかしすべての人がインターネットを利用する事ができる環境にいる訳ではなく、利用する事ができない、利用自体が苦手だという人も少なくありません。みずほ銀行カードローンの場合、...

基本的にカードローンを利用する場合は、定職についていて安定した収入がある人の方が条件が良いと評価されます。また、一般的には公務員や大企業に勤めている方が倒産などの危険性も少ないので高く評価され、パートやアルバイト、派遣社員や自営業と言う場合はその雇用条件によって審査にパスできない場合もあるので注意が必要です。とはいっても、個人事業主の人でもお金が必要となる場合もあるのではないでしょうか。ただ、その...

消費者金融を利用しているといくつかの問題に当たることがあります。そのなかの一つが融資額のひきあげ問題です。消費者金融を利用する人の多くは、お金にこまって利用を開始します。お金に困る原因は利用者によって違いますが、生活費やギャンブル依存や買い物の依存の場合には借りたお金もすぐになくなっていきます。借入限度額まであっという間に遣ってしまうことになるでしょう。消費者金融はいくつもありますが、そのうちのひ...

カードローンなどを利用する場合、審査の一つとしてその人が勤めている所へ在籍確認の電話をするのが一般的です。ただ、申し込みをした側から言えば会社に電話されてしまうと会社の人に借金をしようとしている事がバレてしまうのではないかと心配になってしまう事もあるでしょう。ただ、現在では在籍確認をする時に金融機関名を名乗る事はなく、担当者の個人名での電話となるので、勤め先にバレてしまう可能性は殆どありません。で...

みずほ銀行カードローンなら、銀行の店舗を利用した申し込みが可能です。窓口のスタッフが手続きの案内をしてくれますので、カードローンの申し込みに慣れていない人でも、スムーズに手続きを終えることができます。窓口での申し込みだからといって、その場で審査結果やカードが受け取れるわけではありません。あくまでも窓口では申し込みのみの受付で、審査結果やカードは後日送られてくるようになっています。ちなみに、みずほ銀...

銀行や消費者金融、信販会社などで個人向けローン商品の一つとして提供されているカードローンでは、申し込みの際に提供元が必要書類として指定しているものをすべてそろえて提出しなければなりません。これはみずほ銀行カードローンにおいても同様ですが、実際にみずほ銀行カードローンに申し込む際にはどのような書類を用意しなければならないのでしょうか。みずほ銀行カードローンに申し込むためには、申込者本人を証明するため...

社会人になりたてのころは、まだ給料やボーナスも少ないので貯金が全然ないという人も多いです。特に親元を離れて一人暮らしをしている人は、かなり生活費のやりくりに苦労している人もいます。そんな時にまとまった資金が必要になるととても困ってしまいます。知り合いに資金を借りる人もいますが、金銭の貸し借りはこれからの人間関係に影響がでるので、できればカードローンに申込んで資金を借りた方がいいでしょう。最近は銀行...

カードローンを利用する時に気を付けるべき事の一つが、総量規制です。これは貸金業法によって決められているルールの事で、消費者金融などからお金を借りる場合は、その人の年収の3分の1までしか融資を受ける事ができないという物です。もちろん1社からの借り入れが3分の1と言う事ではなく、複数の金融機関からの借入額の合算が年収の3分の1までと言う事になっているので注意しましょう。だから、年収が300万円の人は1...

学生の方はご両親からの仕送りで生活をされているという人も多いですが、参考書やテキストなど勉強に必要な教材を購入したり、サークル活動、お付き合いなど様々な場面でお金が必要となりますので、仕送りの分だけでは足りなくなってしまったという経験を持つ人もあるのではないでしょうか。多くの学生さんはアルバイトなどの何らかの方法で、本人もある程度収入を得ていることもありますが、出費が重なったときなどはそれでもまだ...

その人がどういう職業に就いているのか、勤務先や雇用形態と言うのは基本的にカードローンなどを利用する時の審査において重要なチェックポイントとなります。公務員が最も安定していると判断され、ついで大企業に勤務している会社員と言う風になって行きます。その為、自営業の人やパート、アルバイトで収入を得ているだけという人は審査を受けたとしてもパスできず融資不可となってしまう事も珍しくありません。しかし、みずほ銀...

借金をしている場合、借り入れ当初の返済計画に従って完済すれば良いのですが、人によっては返済総額がどうしても多くなってしまう事も少なくありません。出来るだけ完済までの期間を減らす事が返済総額を減らすための重要なポイントとなります。その方法としては一括返済もありますが、借入額によってはなかなか難しく、簡単には行えないという人も少なくありません。そういう人は少しまとまったお金がある場合は繰り上げ返済を検...

みずほ銀行カードローンは、金利4.0%~14.0%、最高限度額1000万円という好条件の銀行カードローンです。銀行カードローンなので総量規制はかからず、年収の3分の1を超える融資を受けることができます。実際には総量規制がなくても年収の3分の1程度までしか借りられないと言われていますが、公務員や大企業の正社員のように安定した職業に就いている人や、年収が高い人ならば年収の半分程度まで借りられるケースも...

銀行系のカードローンとしては定番になりつつあるみずほ銀行カードローンですが、利用方法が知りたい人も多いのではないでしょうか。みずほ銀行の口座を持っているかそうでないかでも申し込みの方法なども違ってきますので、自分の銀行口座を確認して必要に応じて口座も作っておくと申し込みがスムーズになるので、カードローン利用までが早くなります。利用する前には、自分の年齢などが申し込み条件に合致しているかどうかを確認...

みずほ銀行カードローンは契約後は消費者金融のカードローンと同じく、コンビニATMで利用できます。借入と返済で対応時間が異なるので、いつも利用するATMが何時まで対応しているのかチェックしておきましょう。みずほ銀行カードローンのローンカードは2種類が用意されています。WEB完結により申し込んだときのキャッシュカード兼用型、みずほ銀行口座のない方が郵送で申し込んだときのカードローン専用型です。前者はみ...