※速報!カードローンを比較した結果まとめました

【SMBCモビット】受任通知の送付先はどこ?

借りていたお金が返せなくなった際、債務整理を選択します。受任通知は金融機関に「債務整理を開始しました」と通知する書類です。債務整理を行う際には必ず送付しなければならないものです。この書類を送付しなければ督促を停めることも、取引履歴などの各種データの開示を要求できません。SMBCモビットから借り入れをし、返済できなかった場合はほとんどの人が民事再生や自己破産などの各種債務整理に踏み切ると思います。この時、必ず受任通知をSMBCモビット側に送るのですが「送付先はどこにしたらいい?」と迷う人も多いのではないでしょうか。送付先は必ずココとい明記がありませんので、まずは取引をしている支店に送付しましょう。もしくはSMBCモビットのコールセンターに電話をして、受任通知を受け付ける部署はあるか、どこに送付先を設定すればいいか等を聞いてみましょう。SMBCモビットの支店から厳しい取り立てがある場合は、支店に送り、弁護士が介入したことを伝えましょう。受任通知が届いた後に督促状を送ることや取り立ての電話をすることは違法行為になります。なるべく電話をせずに受任通知を送付したい人もいると思いますが、一番確実なのはSMBCモビットに聞くことです。中には本社に送ればそのまま手続きが開始されるケースもありますし、支店に送り直してくれと言われるケースもあります。弁護士や司法書士に依頼をすれば、確実な方法で手続きを進めてくれますので、不安な人はちゃんとしている弁護しか司法書士に依頼してください。身の回りで発生したお金の必要性に対応するには、できるだけスピーディーかつ手軽に契約できる消費者金融が最も適していると言えるでしょう。特に全国的にも名前の知られたSMBCモビットはその代表格と言えるものです。ただし、その手軽さゆえに、SMBCモビットで多額の借り入れを行い、その返済に行き詰まってしまうケースもないとは言い切れません。そんな時に有効なのは弁護士事務所や法律事務所などで借金問題を相談し、債務整理や破産手続きなどの可能性について話し合うことでしょう。こうやったやり取りの中でもしも本格的な依頼がなされたならば、代理人となる弁護士はSMBCモビットに対して受任通知を送付することになります。この場合、受任通知は借金問題に関して依頼があったので当弁護士および弁護士事務所が事態の解決にあたることになったことを示す通知書で、一般的にはこの受任通知が届くと貸金業者からの借金取り立てがストップすると言われています。こういった受任通知の送付先については各々の弁護士事務所や法律事務所が詳しく把握しているものですが、SMBCモビットの場合だと各地のサービスカウンターや支店がないことから、送付先はすべて本社オフィスが妥当なところです。また、こういった受任通知を間違いなく送付するためにも、これらの案件に対処する担当部署に関してもきちんと把握して書き添えておくと安心です。この送付先に関しては電話相談でも詳しく尋ねることができるので活用すると良いでしょう。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?