※速報!カードローンを比較した結果まとめました

SMBCモビットのメリット・デメリット【人気各社と徹底比較】

SMBCモビットで申込を行う際の条件は、年齢が20歳以上69歳以下であり、定期的に安定した収入がある方が対象となります。SMBCモビットを利用するメリットはいくつかあります。WEB完結申込を利用することで、申込・審査・契約・借入の全てがインターネットで出来ます。こちらを利用すれば、郵便物が送られてくることが無いので、家族に知られることもないというメリットがあります。しかし、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っていて、社会保険証もしくは組合保険証を持っている方が対象となる点には注意が必要です。また、他の消費者金融と比べて金利が低く設定されています。インターネット上で利用明細を見ることが出来ますし、Myモビシステムを利用することで返済日を事前に連絡してくれます。しかし、SMBCモビットにはデメリットもあります。他の消費者金融機関では実施している、無利息期間がないためすぐに利息を取られてしまいます。そのため、年利が高く設定されてしまう少額融資は、短期間で返済する方には不向きというデメリットがあります。逆に、年利が低く設定される大口融資の方には向いていると言えます。WEB完結申込では、借入方法が銀行振込しか無いので、全国にたくさんある提携ATMでお金を借りたい方は、通常申込でカードを発行する必要があります。SMBCモビットの利用を検討している方は、そのメリット・デメリットを理解した上で申込を行ってください。 SMBCモビットは三井住友銀行が運営している人気のカードローンです。「お金を借りたい」と思った時に、すぐにSMBCモビットの名前が浮かんでくる人も多いのではないでしょうか。SMBCモビットの一番のメリットは、ネット上から申し込める上に、ネットですべての手続きが完結してしまう点にあります。最近は、どの会社もインターネットやスマートフォンから申し込みができるようになっています。しかし、申し込みができるのみで、その後、自宅や勤務先に電話確認があったり、申し込み書や確認書類を郵送しなくてはならなかったりしますが、SMBCモビットでは、これらの手続きをする必要がありません。また、カードや契約書類がSMBCモビットから自宅に送られてくることもありません。カードローンを利用する際に、家族や周りの人に利用していることを知られたくないという人は多いですが、この方法なら心配せずに利用できます。審査も早いため、最短で1時間以内には申し込みのすべてを完了させることも可能です。また、成人で安定した収入があれば、パートやアルバイト・専業主婦の人でも申し込むことが出来るなど、さまざまなメリットがあります。SMBCモビットのデメリットとして、返済時に返済手数料がかかることがあげられます。三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座があれば口座振替で返済できるため手数料はかかりません。そうでない場合、所定の銀行か提携ATMを利用して返済しますが、その際には必ず手数料がかかります。返済回数が多くなる場合は、手数料もそれなりの金額になってしまう点はデメリットと言えるでしょう。メリットとデメリットを知って、状況に合ったカードローンに申し込みするように心がけましょう。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?