※速報!カードローンを比較した結果まとめました

SMBCモビットのカードローンが選ばれる理由!【徹底比較サイト】

インターネットが普及してきていろいろなところに応用されるようになってきました。銀行などの金融機関も積極的にインターネットでのサービスを提供していますが、カードローンでインターネットの活用を積極的に行い始めた企業がSMBCモビットです。SMBCモビットは銀行系の消費者金融で、MobileやMoneyの「Mo」と、データの単位であるBitという言葉を組み合わせて作られた社名です。インターネットが普及したことで、それを活用していこうという姿勢が社名に表れていると考えられます。インターネット上でサービスを提供しているということから、スピーディな対応が人気を集めているようです。ウェブサイト上からカードローンに申し込みができ、審査自体はすぐに完了します。審査が終われば借りる手続きに入ることができ、たとえば振り込みで借りる場合にはすぐに振り込まれます。顧客に対する情報を蓄積してきたために、審査は早く行うことができ、それによってスピーディな対応が実現しています。SMBCモビットはインターネット上での手続きに特化してて、申し込みの手続き自体はインターネットで完結させることもできますし、借り入れの手続きもインターネットで完結させることができます。ですから、店舗がなくても利用できるというメリットがあるのです。実際、カードローンの申し込みをするために有人の店舗に行く必要はありませんし、そもそも有人の店舗自体がありませんから、インターネットに特化したサービスだといってよいでしょう。カードローンの業界はここ最近になってかなり整理されてきましたが、一時期はかなり乱立していました。多くの業者があり、統廃合が行われて現在のようなすっきりとした業界になったのです。複雑な経緯の最も良い例がSMBCモビットです。SMBCモビットは、三和銀行とプロミス、アプラスが出資して作られた消費者金融です。銀行と消費者金融、信販会社が出資して作られました。その後、アプラスは資本を撤退しました。銀行も再編をしていた時期で、三和銀行は東京三菱UFJ銀行となりましたが、その後プロミスは三井住友フィナンシャルグループの傘下に入ります。日本の2大メガバンクが共同で出資する形になったのです。この当時はまだ三菱系の色が濃く、三菱東京UFJ銀行系列となっていました。三菱東京UFJ銀行のカードローンとして一時期は店舗に専用のコーナーがあったのです。しかし、これは長く続かず、事業分割が行われます。個人向けのカードローンのサービスはプロミスに渡され、法人向けの保証業務は三菱東京UFJ側に渡されることになります。現在、SMBCモビットというブランドは個人向けのカードローンのサービスのブランドとして用いられています。ですから、現在のSMBCモビットは三井住友系列の消費者金融となっています。このように変遷を経て現在の形になるまでは、資本はいろいろな企業が提供してきました。いわゆる銀行系のカードローンが登場してから現在の形になるまでには、いろいろな変遷を経てきたのです。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?