※速報!カードローンを比較した結果まとめました

カードローンの利息の仕組みについて※初めてでもわかる!

カードローンは、予め定められた枠内でお金を借りることができるローンのことを言います。借りる人は、消費者金融や銀行との間で消費貸借契約を締結することで、お金を借りることができるようになります。この時、契約書を交わすのが一般的です。内容は、返済期限と利率、そして万が一返済が遅れた場合の延滞利率です。民法上は、利息を定めない場合の法定利息を、年5パーセントと定めていますが、これはあくまで任意規定であり、私的自治の原則が適用されるので、当事者間で自由に設定することができます。もちろん、あまりに高利であれば消費者が害されてしまうため、特別法によって規制を加えています。それが、利息制限法です。これによると、元本が10万円未満の場合には、最高で20パーセント、10万円以上100万円未満の場合には18パーセント、100万円以上の場合は15パーセントとなっています。金額が上がるほど制限が低くなっているのは、金額が大きくなればその分利息が大きくなっていくためです。一般的なカードローンの利率は、およそ18パーセントに設定されていることが多いです。ただし、借り入れの実績が長くきちんと返済をしている場合には、利率が低く設定される傾向にあります。貸す側も、貸し倒れのリスクを負った上で無担保でお金を貸しているわけなので、通常は利率を高めに設定したくなります。しかし、きちんとした実績があれば、そのようなリスクが下がるため、低く設定することが可能となるわけです。また、その方が長く付き合いをしてもらえる可能性が高まるため、結果的に消費者側と金融業者側の利害が一致することとなります。この契約を結ぶ上で気をつけておきたいのが、以上のことを定めた契約書の中身をしっかりと確認しておくべきだという点です。通常の取引では、あまり内容を確認せずサインをしてしまう人もいますが、お金の貸し借りにおいては契約内容が重要です。万が一、事前の約束と違う内容が定められていたとしたら、もちろん契約内容が違うということを主張することはできます。しかし、契約書は証拠として残るため、仮にそのような主張をしたとしても、裁判で争うような場合には、きちんと中身を確認しなかった側が不利益を被ります。それほど、契約書の存在は重要なのです。したがって、これからカードローンを利用したいと考えている人は、利息や返済期日などの重要な事項について、きちんと確認しておくべきです。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?