※速報!カードローンを比較した結果まとめました

カードローンのメリットとデメリットを考えてから契約しよう

金融機関の競合が激しい現在、ほとんどの金融機関がカードローン商品の契約に力を入れています。20歳以上の学生、パート、アルバイト、年金受給者、配偶者のいる専業主婦といった収入が不安定な人でも申し込むことが出来ます。しかも、店頭に来店することなく、申込から契約までウェブで完結可能な商品も多数取り扱われています。カードローンの昔のイメージとしては、ギャンブルに使う為、借金返済の為にといったマイナスのイメージがありましたが、今では、万が一の為にとお守り代わりに契約する人もいます。しかも、お金に不自由しないであろう高所得者の方が低所得者より借入金額が大きいというデータもあることから、高所得者向けの商品も多く取り扱われています。カードローンのメリットとしては、まず緊急で資金が必要になった場合、すぐに借入出来ることです。夜でも休日でも今は最寄りのATMでお金を引き出すことができます。本来お金を借りるには、申込用紙に記入し、印鑑を押し、審査後、やっと借入というように数日かかってしまいます。次に、資金使途が問われないということです。マイカーローン、教育ローンといったローン商品は、資金使途が指定されており、申込時に資金使途の証明が必要になったり、借入後は借入金の振込まで確認されます。これらの商品と違い、自由にお金を使うことが出来るので大変便利です。そして、カードローンを契約すれば所有している普通預金口座のATM時間外手数料が無料となるサービスをしている金融機関もあり、契約に付随して得られるサービスもメリットです。一方、デメリットは、まず、低金利と謳われていますが、金利は他のローン商品と比較すれば高金利なのが分かります。住宅ローンでは1%を下回るのが当り前なご時世、マイカーローンでも高くて4%位です。カードローンは、高ければ14%という商品もあります。消費者金融の金利と大して変わりません。資金使途が問われない分金利が高めに設定されています。次に、返済が遅れると高金利の延滞利息が加算されます。返済が遅れば遅れるほど、加算されていきます。そして、クレジットカードと違い、返済は随時もしくは毎月定額の金額のみでよい為、返済のためにお金を貯めるという意識が薄くなります。定額分を返済していれば、いつでも契約金額分最大まで借りることが出来るので、最終的に完済できなくなるという状況に追い込まれてしまうこともあります。メリットとデメリットと考えるのと同時に自分がどのような性格なのかも考慮し、最終的に自分が追い詰められることが無いように使いたいものです。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?