※速報!カードローンを比較した結果まとめました

カードローンまとめ|金利に注意!かしこく使おう!

○はじめにカードローンでお金を借りる際に、一番気を付けなければいけないのが「金利」です。借りた分だけでなく余分に返さなければいけない…だからこそ知識をつけてかしこく利用しましょう!○金利は「上限を見る」!金利について「4.5%~18.0%」と言われたとき「利息は4.5%で借りられる」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、これは大間違いです。利息制限法の規定では、10万円以上100万円未満では18%まで、100万円以上なら15%までの利息を取ってよいとされています。違法でない以上、まず間違いなく上限値をつけられると思っておいてください。○借入残高を減らせば利息は減る!実は、利息は1日ごとについているのです(実質年率18%のとき、365日分借りればちょうど18%の利息が発生するということになります)。借入残高が大きいほど高い利息を取られてしまうのですが、逆に言えば借入残高を減らせば利息の額を抑えることができます!実際のところ、カードローンの返済方法は「リボ払い」になっていることが多いです。リボ払いでは月々の返済額を抑えることができる反面、長期にわたって(10万円借りただけでも1年半!)返済し続けなければならず、多くの利息を払うことになります。そのため、利息を抑えたければ一括返済や繰り上げ返済をするのが無難でしょう。○無利息サービスを生かそう!会社によっては、「一定期間無利息」をサービスにしているところがあります。条件を満たせば一定期間利息がつかないので、その期間を利用して返済できれば安く済みます。一括返済できなくとも借入残高を減らすことができれば、この後発生する利息を減らすことができます。○銀行系カードローンは消費者金融よりも低金利同じカードローンでも、銀行の行っているものは消費者金融系に比べ金利が低く設定されています。銀行の方が審査が厳しいのですが、その分「返済能力は十分にある」と認められるので比較的低めに設定される傾向にあります。最近ではアルバイトや学生でも利用できる銀行カードローンが増えていますので、こちらを優先的に考えてみるのもアリです。○おわりにここまで、「いかに利息を低く抑えるか」について考えてきました。お金を借りる際に利息は避けられない上、返済に重くのしかかってきます。いかに支払いを減らすかを考えることで、借入先や返済計画の立て方も違ったものになってくるのではないでしょうか。かしこく利用すれば、こちらの負担を減らすことができますので、借りる前にいろいろな情報を仕入れておくことが大切です。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?