※速報!カードローンを比較した結果まとめました

カードローンの限度額は人によって異なります。目安としては…

カードローンの商品ページには、利用限度額が記載されています。消費者金融は500万円が一般的で、銀行だと500万円、700万円、1,000万円などの限度額があります。限度額で注意したいのは、自分が実際に借りられる金額とは異なることです。実際に融資を受けられる金額は、人により大きく変わってきます。30万円しか借りられない方もいれば、100万円借りられる方もいます。返済能力に応じて限度額が設定されるので、具体的な金額は審査終了後でないとわかります。審査前に50万円を希望しても、審査後は融資が30万円と言われることもあります。当然のことながら、希望額が大きいほど審査のハードルは高くなります。消費者金融で借入できる金額は、総量規制によって上限が決まります。年収の3分の1以内の融資とする総量規制は、ノンバンク全般に適用となります。消費者金融以外では銀行系業者、信販会社、クレジットカード会社などが該当します。銀行系は銀行に分類されると考える方が多いですが、実態は消費者金融となっています。銀行と銀行系は似て非なる金融機関なのです。銀行、信用金庫、農協などは総量規制対象外ですが、ノンバンクは銀行系も含めて総量規制対象となります。消費者金融から50万円を借りたい場合は、最低年収として150万円が求められます。年収120万円の方は50万円を借りることはできません。借入できる上限は40万円になるので、40万円以下で申し込みするようにしましょう。上手に借りるポイントは、総量規制よりも少ない希望額で申し込んでみることです。総量規制による上限は、あくまで借入できる最高額と考えましょう。実際はそれよりも融資が少なくなることが多いので、少なめの金額で申し込んだほうがよいのです。特に今すぐ借りたい場合は、審査を迅速化するために希望額を抑えていきましょう。銀行、信金、農協などは総量規制対象外ですが、注意したいのは借入できる上限は金融機関側が決定することです。総量規制とは無関係だから、300万円や500万円といった高額融資を確実に受けられると考える方がいますが、実際に借入できる金額はノンバンクとあまり変わりありません。無理をした希望額で申し込むのではなく、確実に返済できる金額に抑えましょう。カードローンの借入額の安全圏と言われるのは、すべてのカードローンの借入額を合算して年収の1~2割です。借りたお金は返済する義務がある以上、利息を増やさないためにも借入額は抑えるべきです。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?