※速報!カードローンを比較した結果まとめました

カードローンの注意点はまず借り過ぎです。他にも気をつけること

カードローンの注意点は沢山ありそうに思えるでしょうが、借りすぎさえ注意すればほぼ大丈夫です。ローンの返済ができなくなった方は、金利が高すぎて返済できないと言われることが多いです。しかし、金利に関しては事前説明があり、それに同意をしてはじめて融資が行われます。限度額に関しても、借入が小額なら問題なく返済を続けられるはずです。返済不能になってしまう方は、やはり借りすぎに原因があるのです。沢山借りると使いたくなり、消費することに慣れると給料だけでは間に合わなくなり、追加で融資を受けるという悪循環となります。その結果、返済能力を超えて借りてしまい、完済するのが難しくなるわけです。借りすぎないためには、返済方法にも注意する必要があります。月の負担を抑えるためには、リボルビング払いが最も理想的です。しかし、返済が楽になる代わりに、総支払い額は増えてしまいます。毎月少しずつしか返済しないと、元金充当額が少なくなります。返済金の多くが利息で相殺されてしまい、元金がほとんど減らないのです。1万円を返済しているのに、元金は500円しか減らないといった状況になります。これは実質的に500円しか返済していないのと同じことになります。支払い方法は基本的に1回払いを基本に考えましょう。まとまった出費により高額を借りる場合は、返済回数が増えてしまうのは仕方ありませんが、基本は1回を意識します。むやみに回数を多くするのではなく、1回が無理なら2回で返済するようにします。目先の楽を考えるならば、回数を増やしたほうが当然楽でしょう。しかし、カードローンの注意点として利息は借入日数に応じて発生することを忘れてはいけません。借りた金額が大きくなれば利息も増えるのは当然のことですが、借入期間も関係してくるのです。日割計算で利息が算出されるので、短期返済したほうがお得なのです。返済回数を増やすほど、借入期間は長くなるでしょう。100日間借りれば、100日分の利息が発生してしまうのです。しかし、3日で返済すれば3日分の利息しかつきません。借りすぎないためには、家計の見直しも必要になるでしょう。自分では漠然と50万円必要だと考えていても、家計を圧縮してムダをなくせば30万円で間に合うかもしれません。希望額が減れば審査に通過しやすいですし、何より返済が楽になります。短期間での完済が可能となり、利息の支払いも抑えられるのです。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?