※速報!カードローンを比較した結果まとめました

カードローンをおまとめに利用する前に確認しておくポイント

複数の多目的ローンを一本にしたいときは、おまとめローンが役に立ちます。銀行のカードローンは低金利なので、一本化のために利用する方が多いです。消費者金融と比較して数%も金利が低いのです。おまとめを検討している方は、すでにまとまった金額の借入をしているはずです。そのため、僅か数%の差は想像以上に大きなものとなります。カードローンをおまとめに利用する場合に銀行ローンが適しているのは、金利が低くて利息を抑えられること、そして総量規制の対象外であることです。金利が低いと得をしますが、損をすることは一つもありません。低金利は低利息につながり、毎月の返済を減らすことにつながります。他社からの借入額が多い方だと、月に数万円も返済に回していることは多いでしょう。銀行ローンに乗り換えることで、月の返済額が数千円も減るとしたら、乗り換えない手はないでしょう。頑張って今までと同額の返済を続けた場合は、総支払い額が減ります。いずれにしてもメリットがあるため、乗り換えるなら今よりも低金利ローンを選びましょう。銀行のカードローンは、各銀行により意外と大きな金利差があります。消費者金融の場合だと、どこで借りてもほとんど金利に違いはありませんが、銀行は5%くらいの差が出てきます。上限金利で比較すると、高金利の銀行だと17%台、低金利の銀行だと10%未満で貸出しているところもあります。7%の金利差というのはとてつもなく大きいのです。ローンの一本が目的の場合、通常よりも審査に通過しやすくなることがあります。一本化という目的が確立されているので、借りやすくなるわけです。事前におまとめ目的だと伝えておけば、金利を引き下げてくれるケースもあります。カードローンを一本化する上での注意点は、むやみに追加で借りないことです。低金利ローンで一本化すると、毎月の負担が軽減するのです。それにより、甘えが生じて追加融資を受けてしまう方もいるのです。どんなに低金利と言えども、追加で借りれば利息は大きくなります。利息とは金利だけで決定されるものではありません。借入額、返済期間などが関係してくるため、利息を抑えるには借りる金額を減らしていく必要があります。ローンで失敗する方は、返済能力のギリギリまで借りてしまう傾向があります。すると予想外の出費があったとき、現金を用意できずに追加融資を受けることになるわけです。カードローンを安全に利用するために、返済能力に余裕を持たせて借入するようにしましょう。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?