※速報!カードローンを比較した結果まとめました

カードローンと住宅ローンを併用する場合の注意点

住宅ローンは目的別ローンの一種であり、金利1.0%~3.0%という非常に低い金利で数千万円という高額な借り入れができる、あらゆるローンの中でも最も好条件なローンの1つです。しかし、住宅ローン自体は人生で何度でも組むことが可能ですが、個人が実際に住む家の購入資金に限られるので、同時に複数のローンを組むことができません。一方、カードローンは複数の金融機関でカードを作ることが可能です。通常のローンとは違い、限度額の範囲内ならば自由に追加融資を受けることができます。通常のローンでは、100万円を借りて毎月5万円ずつ返済し、利息も含めた総額110万円を22回で完済するというように、最初の契約時に借入金額、金利、返済総額、毎月の返済額を決めて、その契約に従って返済していきます。追加融資を受けるためには、その都度審査に通過する必要があります。しかし、カードローンでは最初の契約で決まるのは限度額と金利だけであり、限度額のうちいくらの金額を借りて、毎月いくらを返済していくのかは自由に決められます。ただし、毎月の最低返済額については決められているので、最低でもその金額は返済していかなければいけません。さて、これらの2つの種類のローンは、併用することもできます。ただし、借りる順番には注意しておいたほうがいいでしょう。借りる順番としては、住宅ローンを組む前には高額なカードローンを組まないほうがいいです。消費者金融などからお金を借りることは悪いことではありませんが、ローン審査の数年前からは控えめにしておいたほうがいいでしょう。個人信用情報に消費者金融から頻繁にお金を借りている履歴が残っていると、借金癖があると見られてしまう可能性があります。消費者金融などからお金を借りて完済をしたら、カードは解約しておきましょう。完済をしたら自動的に解約されるタイプのローンならいいですが、そうでない場合にはまだ契約は続いており、限度額の範囲内ならいつでも借りられるようになっているからです。これもローン審査に影響します。マイホームの購入を考えている人は頭金を貯めていると思います。頭金を貯めているのであれば、一時的に生活資金が足りなくなったときは、借金をするのではなく頭金を少し削るようにしましょう。頭金の金額が減ることよりもローン審査でマイナス評価を受けることのほうが避けるべきです。無事住宅ローンを組むことができたら、その後は限度額の高いカードローンを持つことも考えてよいでしょう。住宅ローンを借りているのと同じ銀行でカードローンを組めば、優遇金利を受けられることもあります。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • SMBCモビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?